Loading...

平日は、仕事+子どもたちにダンスを指導。
忙しいですが、充実した毎日です!

南口元哉さん(36)千晶さん(35)月和ちゃん(6)陽和ちゃん(2)
有田市港町/有田歴36年/賃貸

 有田で生まれ育った南口さんご夫婦。夫の元哉さんは、高校卒業後、作業療法士の専門学校に通うため4年間、有田市を離れていましたが、卒業後に帰郷。現在は、福祉関係の仕事に従事しています。「箕島高校時代によさこいのダンスチームを発足しました。チームは存続していて、今も子どもたちにダンスの指導をしています」と、元哉さん。毎週火曜の19時から約2時間、初島中学校の体育館では、鳴子の音が響き渡ります。糸我、宮原小学校、保田、文成中学校、箕島、耐久、有田中央高校の児童や学生が口コミで集まったというよさこいのチーム名は『A.S.T』(アスト)。夏にはイベント出演も多く、そのための練習で家を空けることも多いそう。その間、家庭をしっかり守るのは妻の千晶さん。保育所と港小学校の学童に通う二人の子どもさんと、文化福祉センター内の子育て施設「WakuWaku」を利用し、同世代の子どもを持つママたちとも交流しながら楽しく子育てをしていると話します。「お互いに協力しながら、仕事とダンス、子育てといくつも楽しみが持て、心に余裕のある暮らしができています」とご夫婦。「人が好きという方が多いのも有田の魅力ですね」。

南口元哉さんの写真1
南口元哉さんの写真2
南口元哉さんの写真3
南口元哉さんの写真4
南口元哉さんの写真5
南口元哉さんの写真6

Q.有田市の魅力は?

A.みかんに太刀魚漁獲量が日本一というのは誇れますね。大阪に住んでいるとき、地元のスーパーでみかんを買ったのですが、味がいまいち。やっぱり有田みかんが一番おいしいと思いました。県外に住んでみると違いがわかるもんですね。あと、近所の人と顔なじみというか、どこに誰が住んでいるとかがわかっているので、治安がよい。家族で住むには安心です。

Q.休みの日の過ごし方は?

A.祖父母たちも、有田市に住んでいるので孫の顔を見せにいったり、ドライブもよくしますね。マンションの敷地内に大きな庭があるので、そこでBBQをすることも多いですね。

Q.子どもさんの習い事は?

A.スイミングスクールと英語教室に通っています。どちらも有田市内なので通いやすいです。

Q.将来の夢は?

A.ダンスはライフワークで、一生続けたいと思っています。夢は、次のリーダーを育てる事。そのリーダーが率いたメンバーが観客の前でダンスを披露するのを早く見たいですね。

ありたーんのロゴ
有田市役所経営企画課まちづくり係
649-0392 和歌山県有田市箕島50
TEL:0737-22-3731 FAX:0737-82-1725

Copyright© Arida city office.All Rights Reserve